養巴幼稚園

宗教法人 日本キリスト教団 福岡中部教会付属

HOME | 保育内容 | 一日の流れ


更新日 2017-09-22

一日の流れ

子ども達は季節を通して、幼稚園で様々な経験をしています。

ようはようちえんの一日

登園 8:30~9:00

おはよう!!



毎朝、子ども達は、幼稚園までの道のりをおうちの方と一緒に通園します。
「きのう、つぼみだった花が咲いてるね。」
「きょうは、みんなで○○するんだよ。」
季節の移り変わりを共に感じ、おしゃべりをしながら歩く"時間"を大切にして頂たいと思います。




遠方から車で通園される方には、ドライブスルー方式を導入しています。


登園後 ~ 10:00すぎ

自由遊び



朝の身支度をすませると『遊び』のコーナーへ向かう子ども達。
積み木、製作、木工、ごっこ遊び・・・それぞれのコーナーで大好きな"遊び"が繰り広げられます。
ようは幼稚園の保育は、子ども一人ひとりの自由な"遊び"を大切にしています。

紙・箱・木・玩具・絵の具・・・いろいろな素材に十分に関わって遊ぶことができるように、教師は遊びの助けとなる材料を準備し、工夫しています。
「自由」に「遊ん」だ『遊び』の中で様々な感覚や社会生活のルールを身につけていくのです。

10:30ごろ

お祈り



 子ども達は皆、神さまから与えられた、かけがえのない存在です。
人間も、空も、鳥も、虫も、花も、・・・みんな神さまに覚えられ、愛されていることを心に感じて育ってほしいと思います。
毎日、心を神さまに向けて祈り、感謝・思いやりの心を深めることができるように願っています。
『かみさま、あなたがどこにでもいるとしっているので、わたしはあんしんです。それだけ・・・・』 (かみさまのてがみ)より

外遊び 11:00ごろ

大きな庭



「早くお庭で遊ぼうよ!」
ようは幼稚園の自慢は、『大きな庭』
サクランボ・ウメ・ビワ・ブドウ・・・
四季折々の自然の恵みを味わい、虫や植物とともに遊びをつくりだし、友達と一緒にここで遊びます。
「山小屋に行こう!」
「リレーしようよ!」

足は第二の心臓とも言われますが、起伏のあるゴロゴロ道を踏んで、走って、行き来することは、この時期の子ども達に欠かせない経験です。
鬼ごっこ、ボール遊び、泥んこ遊び、虫捕り・・・ときには、けんかもおこりますが、これも必要な経験です。
クラスを超えて、子ども達がここで交わりいろいろなことを学んでいきます。
この『大きな庭』にやさしく抱かれて、みんな大きく成長するのです。

クラス活動



歌を歌ったり、ゲームやリズム遊び、劇遊びや楽器遊びなど・・・・、クラスという大きな集団ならではの経験や活動をカリキュラムに合わせて行います。
時には、異年齢で交流する活動を取り入れたり、専門家によって、様々な遊具を用いたダイナミックな体育遊びを楽しんでいます。
その他、園外保育で公園や動物園などにも出かけます。

12:00ごろ

おべんとう



「ぼくのおべんとうみて!」
子ども達はおべんとうが大好き。
おべんとうにはいっていると何でも食べられるから不思議です。
「手軽さ」が重視される風潮の中ですが、早起きをして、子どもの健康を考えて作られた『おべんとう』には、愛情と栄養がいっぱいにつめこまれていて、子ども達の心と体を元気にしてくれることでしょう。

毎週、月曜日は「お弁当ランチの日」(パン、スープ、デザート、又は自然食のお弁当・・・すべて幼稚園で準備します)
火曜日は、「スープランチの日」
水曜日は「おやつの日」
木曜日は「家庭からのお弁当の日」
金曜日は「おにぎりの日」
おにぎりを持って、散歩に出かけたり、パンやおにぎりに添えるアラカルトやおやつをお料理することも楽しみのひとつです。みんなで食べるとオイシサも格別!

13:00ごろから

自由遊び



お弁当が終わると、降園時間まで自由遊びをします。
魅力的な木のおもちゃでゲームをしたり、お天気が良ければ、園庭の森で木の実を見つけたりします。

降園

14:30(水曜日のみ、12:00)


絵本の読み聞かせ



ようは幼稚園の蔵書は、3,000冊以上。
中には、絶版となっている貴重な本も少なくありません。
本は、魂の栄養と言われます。
すぐれた絵本は、子ども達の心を育て、読み聞かせる大人の心まで豊かにします。
クラスでの読み聞かせ、又週一回の貸し出しを通して、大人と子どもが心から楽しみ、互いの魂をしっかり結びつける"ひととき"を大切にしています。
お家の方と担任が綴る"えほんノート"は、子ども達の成長の記録として好評です。

8:30 ~ 10:00

日曜礼拝(自由登園日)


短い時間ですが、幼稚園で礼拝を守っています。(子どものみ)
アットホームな雰囲気の中で、一緒に遊び、触れ合い、礼拝を行います。
讃美歌を歌い、聖書の話に耳を傾け、見えないけれど大切なことを知り、心を静めて神様に祈り、感謝します。
日曜日の送迎には、お父さんの姿も多く、子ども達もうれしそうです。
教師は、子どもとの礼拝後、10:30~福岡中部教会の礼拝に出席しています。
保護者の方々もご自由に教会の礼拝にご出席ください。卒園生もどうぞ!